読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンテナンスの習慣化

 以前、東京ポッド許可局というポッドキャストで、プチ鹿島さんが「最近、つめの手入れをしている」という趣旨の発言をされていました。
 

 なんでも、一流の人で、つめが伸びっぱなしの人を見たことがない。上り詰めてきた人は、指の先まで気を遣っている。それに気がついてから、自身も気をつけるようにしているとのことでした。


 それから、僕も爪が伸びすぎてないか、不潔になっていないか、気にするようになっていました。決して一流になりたいとかじゃなく、ただ、気になっただけです。


 最初は、気にするだけだったのですが、せっかくだから、これも習慣化したいなと、「たすくま」にタスク登録することにしました。ネットで探すと、すでに、爪の手入れなどを「たすくま」で習慣化されている人もいて、参考にしながら、繰り返しの日数を6日にしました。1週間だと、ほかのアプリでも対応できそうだなと思ったことと、5日だと、つめが伸びないんじゃないかなと思って。しかも、たすくまであれば、実行した日から、次の実行日を指定してくれる機能もあって、夜遅くなったりして、つめが切れなくても、翌日に切ると、次のタスクはちゃんと6日後に作成されるという便利さです。


 定期的に手入れをしていくと、常にきれいな状態で保たれているのが気持ちよくなってきます。爪以外にも、散髪や、まゆげなども登録。すべてがうまく回っているわけではなく、いまだ期間を調整中ですが、体のメンテナンスを気にすることが、だんだんおもしろくなってきました。30代になってから、初めて自分でまゆげを整えるようになりました。2週間ほど前から、洗顔にはまってきて、極細毛の洗顔グッズを買ったりしました。


 先日、床屋に行って顔そりをやってもらったら、いままでなったことが無いくらいのカミソリ負け。顔中が赤くなりました。
 ネットに、あまり洗顔を行うと、皮膚が痛むと書いてあったのですが、洗顔がおもしろくて、ついつい過剰に行ってしまいました。でも、肌が痛むということを、実感できたので、よしとします。とりあえず、肌が落ち着くまでは、極細毛は停止です。
 記録を取っているので、やること、やらないこと、その期間を調整していきたいと思います。