読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政権奪取!自民の情勢戦公開

小口日出彦さんの情報参謀を読みました。

 

 

情報参謀 (講談社現代新書)

情報参謀 (講談社現代新書)

 

 

この方は、自民党が大敗した2009年夏の総選挙後から、2013年夏の参院選に勝利して政権を奪還するまでの4年間、自民党の「情報参謀」を務めました。テレビ、ネットの情報分析から、戦略まで、4年間を4つの期間に分けて、書かれています。「情報参謀」として、どのように情報に接し、攻略していったのか、本人が語るので大変おもしろいです。

 

例えば、1日を12に分割し、政党のCMの放映時間チェック。従来、家主であるお父さんが居る時間を狙って流されるのが政党CMのセオリーでした。もちろん自民党は夜を中心に放送していました。しかし、情報分析してみると、民主党(当時)のCMは、昼の時間帯に流されていました。既成の価値観の変化に民主党は戦略的で効果的なPRを行っていたことがうかがえます。

 

その後、野党に下った自民党は極端にメディアの露出度が下がります。「悪名は無名に勝る」との考えの基、ネガティブキャンペーンを実施してでも、情報を発信することを行います。また、政党党首で初めてのツイッター対話集会も実施するなど、情報分析を活用し、攻勢に打って出ます。

 

再び与党に返り咲くことを目指し、懸命に手を打ちます。それに伴い、情報分析、戦略も党内で徐々に、その地位を確立していくところも、みどころでした。

 

現・東京都知事小池百合子氏も、自民党の広報本部長時代に、小口さんと一緒に仕事しているのですね。無党派層に風を起こした小池さん。データ戦略は、ここにもつながっているんですかね。気になります。