読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神通力を手に入れた先の世界

手塚治虫の名作「ブッダ」。 8巻セットを購入して、読みました。 おもしろかった。

といいつつ、書きたいのはブッダについてではないんですが。

作品の中で、テレパシーで会話するシーンがあります。遠く離れた人に声を届ける。一般用語で言う超能力。仏法では神通力というんですかね。専門用語を使うと賢く聞こえますね。天耳通(てんにつう)というのは、考えられないほど遠くの音を聞く力であると、ウキペディアに出ています。テレパシーもその発展と理解しとけばいいんですかね。もしかしたら、もっと適した神通力の名前があるのかも知れませんが。

科学が発達した今日においては、テレパシーなんか使わなくても、ポケットに入っている機械を耳に当てれば、世界のどこの人とも会話できます。相手の連絡先を知らないとかけられませんが、テレパシーだって、相手が分からなければ話しかけられないでしょうから、一緒です。ただ、テレパシーは通話料も基本料金も無料ですが。

大昔だと、気の遠くなるような修行をし、一部の人しか手に入れられなかった能力。一部の人どころか、噂話程度でしか見たことのない力が、科学の発展によって身近なものになりました。本当にすごいですね。

手段はさまざまですが、見えないほど遠くに居る人とも、気軽に連絡が取れる時代。でも結局は、その能力を使って、何をするかは、本人次第。

姿が見えないことをいいことに、困惑させお金を取る人もいるし。誕生日に「おめでとう」を直接言ってくる孫もいるし。

人を助けたいと願い修行していたブッダや、その弟子が、この道具を手に入れたら、どんな風に使うんですかね。優しい声、温かい声、うれしくなる話を、しまくってるかも。電話で相談窓口を開設してるかも知れませんね。

久々に実家に電話して、健在な親に声でも聞かせてあげたいと思いました。